脂質はダイエット中でも摂取しないと危険!?脂質不足で起こる様々な弊害とは

ダイエット
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

ダイエット中の方や食事に気をつけている方ほど、脂質を敵対視している傾向があります。

脂質=摂取してはいけない栄養素、ではありません。最近は逆に脂質不足による弊害に悩まされる方も増えています。

そうならないためにもまず、脂質の働きについて知りましょう。

スポンサーリンク

脂質について

炭水化物・タンパク質・脂質という三大栄養素の中で、特に悪玉扱いされるのが脂質、つまり油です。

三大栄養素の脂質は1グラムあたり9キロカロリーと、三大栄養素の中でも最も高いエネルギーを得ることができます。

脂質は水に溶けずにエーテル、クロロホルムなどの有機溶媒に溶ける物質で、炭素、水素、酸素で構成されています。

脂質はカロリーが高く、コレステロール値や肥満に影響するという説が重要視され、脂質を意図的に取らないように工夫している方が増えていますが、本当に脂質は取らなくてもいいものなのでしょうか?油は敵なのでしょうか?

脂質の主な働き

脂質は重要なエネルギー源だけでありません。他にもたくさん重要な役割を担っています。

ホルモンや細胞膜、核膜を構成する。

皮下脂肪として、臓器を保護したり、体を寒冷から守ったりする。

脂溶性ビタミン(ビタミンA・D・E・K)の吸収を促す

ビタミンの吸収を促す働きまであるんですね。

ダイエット中で脂質を抜く食事を増やしながら、サプリメントでマルチビタミンを摂っているという人は注意が必要かもしれません。

脂質によって細胞ができている

人間の細胞膜は、タンパク質と油によってできています。ですから、油がないと細胞はできません。

私たちには、基礎代謝という何もしなくてもエネルギーを必要としています。

例えば、寝ている時は、男性なら1500kcal女性なら1000kcalのエネルギーが必要とされています。

だらだらと動画やブログを見るだけでもエネルギーが消費しているのにもかかわらず、外部からのエネルギー摂取量が基礎代謝以下になってしまうと、様々な弊害が起こります。

病気のリスクが上がる

身体は飢餓状態になるとまず、脂質をエネルギーとして使い(いわゆる食事制限ダイエット)、その後にタンパク質を分解してエネルギーに変換します。

筋肉(タンパク質)を使ってしまうと、血中のタンパク濃度が低下し、免疫不全や脳血管障害になどを引き起こす場合があります。

サルコペニアなど栄養不足状態になる

身体のタンパク質をエネルギーに変換させ続けると、当たり前ですが筋肉が落ちますよね。全身の筋肉量が低下すると、エネルギーを補給することができないような身体になってしまいます。

一度でも筋肉量が低下してしまうと、エネルギーの補給が難しくなり、また筋肉もつきづらくなってしまうという負のスパイラルに突入します。

このような状態をサルコペニアと言います。今、高齢者以外にも痩せ型の人々のあいだでは、大きな問題になっています。

スポンサーリンク

ダイエット中の人は脂質を取るべきなのか

脂質は1gに9キロカロリーほどの熱量を有しています。タンパク質は1gに4.2キロカロリーほどなので、コスパのいいエネルギー源ですが、カロリー制限をしているダイエッターにとっては、取りづらい栄養素だと思います。

しかし、前述した通り、ダイエットしているからといって、脂質を完全に摂取しないのは非常に危険です。

結論としては、
ダイエット中の方は、良質で身体に良い油(オメガ3系やEPA)をほどよく摂取することが病気のリスクを高めず、健康的にダイエットを成功させる鍵になると思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました