トランス脂肪酸がヤバすぎてアメリカで禁止&全廃に!その危険性とは?

フィジカルへルス
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

マーガリンやショートニングなどに含まれる「トランス脂肪酸」。

危険性が高く、すでにアメリカが禁止すると表明しているほどです。しかし、日本では未だにトランス脂肪酸が入っている食品は多いのが現状です。

では、トランス脂肪酸にはどんな危険性があるのでしょうか。

スポンサーリンク

トランス脂肪酸とは


悪い油の代表格「トランス脂肪酸」は、マーガリンやショートニングなどに含まれる人工的な油です。

脂質のおもな成分である脂肪酸は、飽和脂肪酸(動物系の油)と不飽和脂肪酸(植物系の油)に分けられます。

人工的に固めた油の危険性

トランス脂肪酸は工場で生産、加工される脂肪です。常温で固まる飽和脂肪酸と違い、不飽和脂肪酸は常温では固まりませんが、そこを人工的に無理やり不飽和脂肪酸を個体にさせたものなんです。

天然にはあまり存在しないトランス脂肪酸は、細胞膜などの脂質が多い所で異変を起こし、動脈硬化や免疫システムの異常、がんを促進するなど、健康上の問題起こすという研究結果が多数出ています。

トランス脂肪酸には二種類存在する

トランス脂肪酸には、自然に食品中に含まれているものと、油脂を精製する工程でできている二種類があります。

天然のトランス脂肪酸は安全

乳製品や牛肉の中には、微量の天然のトランス脂肪酸が含まれています。

なぜなら、羊や牛は胃の中にいる微生物の働きによって、トランス脂肪酸が自然に作られてしまうからです。

しかし、これはあくまで天然でできたトランス脂肪酸ですから、人工的に作られたものと比べて、流通する量は非常に少ないです。

人工的に作られたトランス脂肪酸はヤバい

これはさっきも書いたように、マーガリンやショートニングが含まれている食品に含まれています。例えば、ドーナツやケーキ、揚げ物などです。

植物油はもともと匂いがキツイものが多いので、精製の際、匂いを除去するために、高温で熱処理を行うことが一般的です。

この工程により、ある一定量の不飽和脂肪酸からトランス脂肪酸ができます。ですから、サラダ油などの精製した植物油にも、微量のトランス脂肪酸が含まれているんですよ。

トランス脂肪酸は体内で代謝することが、極めて困難です。ですから、細胞膜で異変を起こしたり、脂肪に蓄積されてしまうのです。

スポンサーリンク

アメリカがトランス脂肪酸を禁止にした


FDAという「米国食品医薬品局」というものがアメリカには存在します。連邦食品・医薬品・化粧品法を根拠とし、医療品規制、食の安全を役割としています。

そのFDAは、2015年6月16日にトランス脂肪酸食品への添加を3年以内に全廃すると発表しました。

しかし、それは叶わず、今では2023年に引き伸ばしになっていますが、今でも規制が厳しい状態のままです。

クマタクミ
クマタクミ

アメリカのホテルの朝食でパンを食べようとマーガリンを取りに行ったら、バターしかなかったんだよね・・・

そして、WHOもトランス脂肪酸について次のように勧告しています。

トランス脂肪酸の摂取量を1日あたりのエネルギー総摂取量の1%未満に抑えること

このようにアメリカでは日本より先に、トランス脂肪酸への対処がなされているのです。

スポンサーリンク

トランス脂肪酸はできる限り摂取しない

トランス脂肪酸は微量では驚異になりませんが、マーガリンやショートニングはさまざまな加工品に使われているので、意識的に控えるようにしないと、知らない間に体内に蓄積されてしまいます。

現代では、健康スナック菓子と謳っているにも関わらず、トランス脂肪酸が含まれているスナック菓子も少なくありません。

外食等で気をつけるのは難しいと思うので、まず家庭内でトランス脂肪酸を摂取しないように気をつけることから初めてみるのが良いかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました